小顔の条件とは

小顔と言うのは若い女性に限らずみんなが憧れますよね。そんな小顔の邪魔をしているのがフェイスラインです。このフェイスラインがたるんでしまうと台無しです。ではどうしてフェイスラインがたるんだりするのでしょうか?以下に原因となる事柄をご説明してみたいと思います。

たるみが出ると言うのは個人差がありますし、体質だと言う方ももちろんいますが、急にたるみが目立つようになったというのであれば原因はストレス、お酒、睡眠不足、不規則な生活や不規則な食生活などではないかと考えられます。
これらは要因となる事柄だと思うのですが、根本的なものはすべてが「代謝」ではないかと思います。代謝が低下した上に要因となるものが重なってしまいたるみに至ってしまっているといったところでしょうか。

また寝不足の場合には体がだるかったり、体の代謝が上がらないために冷えてしまっていたりする場合もあるし、肩や背中が凝っていると血が巡らないのか顔も凝ったりむくんだりたるんだりしているような感じが感じられる場合があると思います。

しかし、ここで諦めてはいけません。諦めたらいつまでたってもたるみ顔のままです。常日頃の行動を見直すだけで凝りやたるみを解消することができるのです。そうすると小顔も夢ではありません。
そのためには「身体の代謝機能を高める」「新陳代謝を上げるマッサージ」が有効的だと考えられます。

ちょっと意識して実践していくことできっと驚く変化がでてくるかもしれませんよ。


タグ:条件
| 小顔

小顔に見せるヘアスタイル

小顔にするためには体操やマッサージなどをして実際に顔を小顔にする方法と、メイクやヘアスタイルを変えることで小顔に見せることができる方法とがあります。

ここでは小顔に見せることができるヘアスタイルについてお話していきたいと思います。

髪型は耳にかけたり、分け目を変えたり、巻いてみたりなどちょっといつもと変えるだけでも印象が違って見えるものです。それほど力があると言うことですよね。

ちょっと変えるだけで印象が変わるのが髪型だとしたら小顔に見せるように髪型を変えるといいと言うことになりますよね。

ではいったいどういうヘアスタイルにすればいいのでしょうか?以下にご紹介してみたいと思います。

まずは丸顔の人ですが、丸顔の人は自分の丸さを隠そうとするあまりにロングヘアにしている人が多いと思うのですが、逆に長い髪は丸さを強調するために逆効果になることがあります。
ですからショートにして顔回りをすっきりさせてみると小顔効果が得られると思います。

次に卵形の人ですが、髪に軽さをだしてボリュームを持たせてあげることで小顔に見える効果が得られます。パーマなどをかけてカラーも明るくしてフワッとした感じがいいのではないでしょうか。

以上のように顔の形によって小顔に見える方法は変わってきますのでぜひ美容院に行ったら美容師さんと相談して決めてみてはいかがでしょうか。髪型ひとつで小顔に見えるならやってみる価値はあるかと思いますよ。
| 小顔

小顔体操と小顔マッサージ

小顔になりたいという思いは特に女性であれば願う人が多いと思います。
しかし、エステなどプロに頼もうとするとお金がかかってしまい、1回で効果が得られるならいいけど、何回も続けなくてはならないとなると続けられることが出来なくなってしまいますよね。

そこで自宅で簡単にできる小顔体操や小顔マッサージに注目が集まっています。
どちらも自宅で簡単にできる方法なので手軽に始められると思いますが、この2つの方法、いったいどういった違いがあるのでしょうか。

小顔体操と言うのは筋トレと同じで顔の筋肉を鍛えていき、結果的に小顔を目指すと言うような方法です。
顔の筋肉と言うのは毎日の生活の中で比較的無意識に使っているものですが、意識して使うことで鍛えることが可能な筋肉なのです。
ですから小顔体操を行って意識して顔の筋肉を鍛えることでフェイスラインがすっきりしてくると思いますので小顔に近付くことができると言うことになります。

対して小顔マッサージと言うのは顔にあるリンパを刺激して滞っているリンパの流れを解消してむくみやたるみを改善していくことで小顔にしようというマッサージ方法です。
アロマオイルを使用してもいいし、洗顔時に洗顔料を使用してマッサージをして血行をよくしていくのもいいと思います。

ですから内容が小顔体操と小顔マッサージでは違うことになりますので、これらをうまく組み合わせて小顔を目指していってみてはいかがでしょうか。
| 小顔

小顔になるための方法

小顔になるための方法としてはさまざまなものがあり、整体での矯正、小顔体操、小顔マッサージ、小顔エクササイズ、小顔ダイエットなど実にたくさんの種類があります。

また、小顔になるための必須アイテム「ローラー」を使用したり、小顔にしたりするだけでなく小顔に見せるためのメイク術や髪型作りなどテクニックもたくさんあります。

また一時的な方法が多いとなっているのも現実的にありますので小顔になったからといって止めるのではなく、リンパマッサージや体操のように毎日続けることも大切になってきます。

毎日続けることで顔がその状態を覚えてくれると思いますので、筋肉(表情筋)に正しい位置を教えてあげるような感覚で毎日続けて行っていき、小顔に近づいていくようにすることが大切だと思います。

また、継続することが苦手だという人の場合には手術といった方法もあります。整形は極端な例えだと思いますが、カーボメッド炭酸ガス注入をして二重アゴやたるみの解消をしたり、エラを削る手術をしたりなど手術をすることによって小顔にするという方法もあるようです。

上記の炭酸ガスを注入すると、有酸素運動をしたのと同じ状態になり細胞の新陳代謝が高まり脂肪を燃焼させていく力があるということになります。ただしこれはダイエットでは解消しにくい部分に使うのがいいと思います。

安全に、早く、痛みもあまり感じないで脂肪除去ができるので人気があります。また施術することで肌のハリも戻ってくるというメリットもあるようです。
タグ:小顔 方法

小顔になる方法(骨格矯正)

小顔になるための方法としてエラを削る手術と言うのがあるのはご存知でしょうか。しかし皆が皆小顔になるために手術をするわけではありません。

エラが張っている人で小顔に見えない人と言うのはいくつかの原因があって、脂肪が原因でエラが張っている人、咬筋が原因でエラが張っている人、下アゴの骨が原因でエラが張っている人などに大きく分けることができます。
この中でも特に下アゴの骨が原因でエラが張っている人に対してエラを削る手術が必要になるのではないかと思います。

手術となると不安になる人もいるかもしれませんが、エラを削る手術というのはどういった手術内容なのでしょうか。

まずひとつめの方法としては口腔内を切って骨と咬筋を削ってエラを無くす内側から手術する方法と、エラの部分の皮膚を切って骨を削りエラを無くす方法とがあります。
どういった手術方法を取るのかは受ける本人の意思とエラの状態によって変わってきますのでよく相談をするようにしましょう。

手術になるので経験が豊富な医師がいるところを選ぶのはもちろんなのですが、手術費用やアフターケアについてなどもしっかり確認をすることが大事になります。

ちなみにですが、脂肪が原因となってエラが張っていて小顔になりたいという人の場合には脂肪吸引法がおすすめになっています。どちらを選ぶにしても本人のエラの張り方の原因になっているものと状態に応じてなので納得がいく様に医師と話し合いをするようにしましょう。

小顔ダイエット

小顔になりたいと思っている方は大勢いると思います。しかしやみくもにいろんな事をしても成功はしません。ですからある程度の知識を得ておくことが必要となります。

小顔になるための基礎知識として顔痩せのことについて知っておくことも大切です。
なぜ小顔になるために顔痩せの知識が必要なのかと言うと、体型を痩せさせるための全身ダイエットと違う点もあったり、同じ点もあったりするからです。

こういった経験をしたことはないでしょうか?ダイエットをしてみて身体は痩せたのに顔だけ痩せないとか、顔だけ痩せて身体は痩せないとか。

ダイエットの敵である余分なお肉と言うのはあまり動かさない部分に対してついているものです。
顔の筋肉と言うのもあまり動かさない部類に入ります。結果的に余分なお肉が顔についてしまうことになり、たるんだりむくんだりしてしまうということになります。
ですから顔を痩せさせるためには顔の筋肉を動かして鍛えていくような感じの運動やマッサージが必要になるということになります。
また全身のダイエットと共通して言えることですが、正しい食生活と規則正しい生活を心がけることが大切になります。栄養のバランスが取れた食生活や、睡眠不足にならないような生活リズムなど健康に関しても気を付けるようにしていくことで健康的に痩せることができます。

このように顔痩せの知識をきちんと把握することが小顔になるための近道になるのではないかと思います。
| 小顔
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。